Reno
Webshop Limited Item / WEBショップ限定第6弾 がま口ポシェット

小物で大人気定番のがま口型に、ダコタの質感を持たせました。
待望のポシェットが登場です!

ダコタのがま口シリーズ登場。ポーチ・長財布・小銭入れの3種類です。
ずっと身に付けていたくなるポーチ。
折り財布やスマホを入れてお出かけ気分。

ちょっとしたショッピングやランチには、
必要なだけスッキリ持てるポーチなどがあれと便利ですよね。
そんな時は、ミニポシェットとして、2つ折り財布、携帯、ハンカチ、ティッシュなどの必需品が入って、化粧ポーチとしてはファンデ、アイライナー、アイシャドウ、グロスなどの一式が入る機能的なアイテムがいいかも!
このRENOは、レトロながま口とコロンとしたフォルムが可愛らしく、いつものお出かけをHappyな時間にしてくれそう♪
「自分の欲しかったバッグの理想を形で叶えてもらって嬉しい」
「ダコタ好きの彼女にプレゼントをして喜ばれました」などとお喜びの声も届いております。
ご自分用、ギフト用にいかがでしょうか?

Function

時にはポーチ、時にはミニバッグと、2つの顔を持つリノ。
その機能性をご紹介します。

ロスやマスカラ、アイライナーなど小さなメイク道具もピタッと仕舞えるオープンポケットや、ファンデーションなど出し入れしやすいギャザーポケットなど、細かい化粧品を整理整頓できる機能が揃っています♪
スマートフォンだって入っちゃいます!
体と同じ本革のショルダー紐を取り付ければ、斜めがけできるミニバッグに大変身!
コロンとしたフォルムが可愛らしいポシェットです♪
小さめの二つ折り財布とケータイが入れられる、使いやすいサイズ感。日常のお買い物や、旅行にも便利なコンパクトサイズです。

Features

長く愛され続けた
小気味良いパチン!の音

どこか懐かしさを感じるレトロなデザイン、
ワンタッチで開け閉めできる使いやすさなどで、
がまぐちタイプのお財布やバッグが、今また人気を集めています。
がまぐちといえば、パチン!と開け閉めする時の音に
魅了される方も多いとか。
今回は、そんな魅力のがまぐちについて調べてみました。


そのルーツはヨーロッパ

てっきり日本古来の物のようなイメージがある「がまぐち」ですが、
そのルーツは、実は200年以上昔のヨーロッパ。

弊社の「袋物参考館」には、当時の女性たちが
社交の場に持ったであろう、がまぐちの
パーティバッグが残っています。

ビロードや刺繍やビーズで飾られた、繊細な
パーティバッグたちは、今見ても本当に
可愛らしくて素敵です!

どんな貴婦人がどんなドレスに合わせたのか
想像が膨らみます♩


日本では・・・

江戸時代後期の開国に伴い、限られた上流階級の人々によって、洋装が広まっていったように、がまぐちも西洋の新しい技術として日本に入ってきました。

文明開化の華やかな雰囲気の中で、がまぐちは西洋を感じさせるハイカラなアイテムだったかもしれませんね。

しかし、まだまだ和装がメインだった明治・大正。外出用の荷物を持ち歩くの日は、昔ながらの風呂敷や巾着が一般的でした。

結局、「がまぐち」の本格的な量産が始まったのは、戦前〜戦後のようなのです。

どこかノスタルジックながまぐち。さぞかし昔からの物なのだろうと思っていたら、日本では意外にも新しい技術だったんですね。

とはいえ、戦後しばらくは、作られるバッグや財布のほとんどが「がまぐち」タイプ。 おしゃれな女性たちは、みんながまぐちのバッグでお出かけしました。

おばあちゃんやひいおばあちゃん達が使っていたことを思えば、その懐かしい温かみが どこから来たのかわかるような気がします。

温かみを感じさせてくれるのは、昔からあるというだけでなく、先人達に愛されてきたから なのかもしれません。


「がまぐち」という呼び名

さて、今では「がまぐち」という呼び名で親しまれている口金式財布
ですが、英語では「clasp purse」と呼ぶそう。

「clasp」とは、留め金のことなので、直訳すると「留め金財布」。
・・・・そのままですね。

じゃあ、「がまぐち」って何なのでしょう?ってことで調べてみると、

ガマガエルのように大きな口を開くから、
「がまぐち」
と呼ばれるようになったようです。

たしかにあのカパッと開く口元はカエルそっくり!
だからこそ、小銭が取り出しやすくて便利なんですよね。

ちなみに、カエルは何かと縁起が良いとされている生き物なので、
お財布のモチーフとしても、 とっても人気があるんですよ。

Planning

本革を使った可愛くて使いやすい
がま口のお財布が欲しい!

ここ数年、バッグでもお財布でも、レトロな可愛らしさが受け入れられ、がま口が人気を集めています。
Dakotaでも、たくさんのシリーズでがま口のお財布を作っていますが、がま口だけに特化したシリーズはまだありませんでした。
Dakotaらしい本革を使用しつつ、可愛くて使いやすいがま口小物がほしい!ということで、今回は3アイテム企画しています。
それぞれ、どのようなシーンでお使いいただけるか、どんな作りなら使いやすいか、スタッフで話し合いながら進めてきました。
贈り物にも喜ばれる、レトロながま口アイテムをぜひ、お手にしてみてください。

Material

日本生まれのナチュラルレザー

革の中でも最高級の北海道産ホルスタイン種原皮を使用し、ミモザとケブラチョを原料とした、フルベジタブルタンニンなめしを施しました。 染料も100%染料のみで染め上げ、ワックスなどの仕上げ剤は一切使わず、日本国内で仕上げています。 出来るだけ人工的な薬品など避けてなめすことにより、革が本来持つ自然な風合いを、たっぷり活かした素材になりました。 お使いいただくほど、表面が焼けて色が変わったり、艶が増したり、一つ一つ違う表情を見せてくれる、本革です。 今回は、可愛らしい明るいお色から、素朴なナチュラルカラーまで、全6色を染め上げました。 それぞれのお色が魅せる、独特なエイジングをお楽しみください。

シャイニーなジャガードが
上品さをプラス

植物モチーフのモノグラム柄を艶のある上品なジャガードに折り上げました生地を使用しています。 これらのモチーフは、革をなめす時に昔から使われてきた、ミモザなどの植物を基にデザインされました。 細部までDakotaらしさにこだわって仕上げたアイテムです。

Colors

pink brown ピンクブラウン

茶色味がかった落ち着きのある大人ピンク。


brown ブラウン

しっくりとした深みのある革の風合いたっぷりのブラウン。



beige ベージュ

革のエイジングを楽しめるナチュラルで上品なベージュ。



camel キャメル

革らしさたっぷりの
コーディネイトに映えるキャメルカラー。



mustard マスタード

オレンジに近い発色のいい元気なマスタード。



turquoise ターコイズ

渋めで落ち着いたブルーグリーンのような色。
がま口ともマッチしてレトロな印象に。



Detail


上質な素材が活きる、シンプルなデザイン。アンティーク調のがま口が、クラシカルな印象。


コロンとした丸みが可愛い、シンプルな後姿。


マチは7cm。収納力もあり、かさばりにくい、程よいサイズ感。


底のマチもしっかりと自立できる、安定感のある作り。


シンプルながらも、ロゴの入ったレザープレートと太めのハンドステッチが、ほっこりキュートなアクセント。


裏地には、Dakotaオリジナルジャガード生地を使用。シャイニーな素材は、シンプルなデザインにさりげない女性らしさをプラスします。


本体と同じ革を使用した、取り外しできるショルダー紐付き!斜めに掛けて小さめのポシェットとして、ショルダーを外してポーチとしても使える、一人二役♪


開くと、たっぷりとした収納スペース。


小さなアイテムを仕舞えるポケットで、化粧ポーチとしても整理整頓しやすい♪


大きめのポケットは、パスケースや鍵など小物の出し入れに便利なギャザー付き!


二つ折りのお財布や、ケータイなどお出かけの必需品をコンパクトにまとめられます!


日常のお買い物から、ランチタイムまでちょっとした外出にぴったりのサイズ感。


口金は、クラシカルなアンティーク調に仕上げています。つまみの部分は、キュートな真ん丸型。


根付けなどを付けられる仕様は、がま口には必須のポイント。お気に入りの鈴やお守りなどぶら下げて、レトロ可愛くアレンジできちゃいます♪

Spec

サイズ たて 15cm
よこ 20cm
マチ 7cm
重 さ  150g
素 材  牛革
原産国  日本製

Color variation

Pink Brown
ピンクブラウン
Brown
ブラウン
Beige
ベージュ
Camel
キャメル
Mustard
マスタード
Turquoise
ターコイズ

Wrapping

リノ限定ラッピング

Dakotaオリジナルエンブレムがプリントされたコットン巾着袋に入れてお届けいたします。

※通常ラッピングのサービス対象外となります。予めご了承くださいませ。